ラクスルの悪い評判は本当?実際に検証してみた!

ラクスルの名刺の紙質の種類について解説!

2017年04月19日 05時01分

ラクスルの名刺には複数の髪質があります。
それぞれについて触ってみた感想を解説していきたいと思います。


 

ラクスルの名刺

ラクスルの名刺で選べる紙質を画像付きで解説してみたいと思います。
(無料サンプルを触ってみた感想です)

 

ラクスルの上質紙(ケント)

適度にツヤがありますが、テカリすぎない上品な紙になっています。
紙には厚みもあり、丈夫な印象です。

IMG_7353.jpg




ラクスルの強光沢紙

表面がツルツルテカテカの紙質です。
厚みもありますが、先に紹介した「上質紙」の方が若干丈夫な印象です。

IMG_7352.jpg




 

ラクスルの光沢紙(アートポスト)

表面はツルツルテカテカですが、
強光沢紙よりはツルツル度が少し落ちて、若干柔らかい印象です。

IMG_7351.jpg





 

ラクスルのマット紙

光沢があまりない紙質です。ただ、マットという名前にしては
光沢が割と感じられるなという印象です。
一般的な名刺に使われる紙といった感じです。

IMG_7350.jpg




 

ラクスルの淡クリーム紙

淡いクリーム色の紙です。
紙自体にはほとんど光沢はありませんが、
印刷されている部分は光沢があるように見えます。

IMG_7349.jpg



 

ラクスルの和風紙

和紙のような銀の模様が入っている紙です。
一気に和の要素が出てきますので、落ち着いた印象の名刺に最適ではないでしょうか。

IMG_7348.jpg


 

ラクスルの高級紙

光沢は一切ありません。
紙の硬さはこの中で一番硬く、ズシリとした高級感があります。

IMG_7347.jpg

 

ラクスルの名刺の紙質まとめ

ラクスルの名刺に使われる紙質についてご紹介してきました。
レパートリーが豊富でいろいろなニーズに対応しているのでとてもありがたいです。

内容については、私の所感も混ざっているので参考程度にしてもらえればと思います。

ラクスルの名刺は激安の100枚500円からなどもあります。
気軽に使えるのが嬉しいところですね。


ラクスルの名刺作成はこちらから


ラクスルの評判と口コミトップへ戻る